suck suckブログ

Twitterの@tntntutuあるいは@imadegawa_kingです。旅行やイベント感想、撮った写真などを載せます

ロンドンのレポート その1

記憶がある内に過去の旅行も文にして残しておきたいと思い、今回は去年行ったイギリスのロンドン遠征のレポート。

 

そもそも何故ロンドンか。

大学のプログラムで春休み1ヶ月ロンドンに行けるのがあったから応募して何故か受かったから行くことになった。書類選考と面接があって他にも数人選ばれたけど、コミュ障故にその人達と話すことはなかった。

行き先は他に複数国あったけど自分が1番行ってみたかったロンドンに決めた。

学校からの補助もあったがシコシコ貯めてたバイト代は全部これで消えた。

で、結構写真を撮ったんだけどあまりに多すぎるから複数回の記事に分けようと思う。

 

2015年3月1日。

関西国際空港から出発。料金だけを優先した結果、KLMオランダ航空の飛行機に乗ることになった。途中アムステルダムスキポール空港で1度の乗り換えがある。

f:id:tntntutu:20161217210122j:image

機内の記憶はだいぶあやふやでどんな映画がやってたのか何をしてたのかは忘れた。もっと早く記事にすべきだった。

これが機内食機内食の割に美味かった気がする。ハイネケン飲み放題がアドだった。

肉っぽいもの。

f:id:tntntutu:20161217210617j:image

機内食2回目、席は夜行バス並みだったが飯だけは美味かった。

グラタンっぽいもの。

f:id:tntntutu:20161217211025j:image

 

9か10時間ぐらいかかってオランダのアムステルダムシチポール空港に到着。

冷えたトイレの便座がここが海外であることを知らせる。

さてこの空港はマズかった。というのは、自分が乗ってた飛行機の到着が結構遅れてて、ただでさえ乗り換え時間が1.5時間しかないのにさらに短くなった。焦った結果空港のどこかにウォークマンを落としてしまったのだ。

彼と2度と会うことはなかった。

モチベーションを大きく削がれロンドン着く前にして最悪のテンションだった。今もどこかで元気に「はっぴいにゅうにゃあ」を流していることを祈る。

 

乗り換えた飛行機での機内食。イギリスの食生活に向け不穏な幕開けだ。

f:id:tntntutu:20161217211801j:image

 

2時間ぐらい乗ってロンドン、ヒースロー空港に到着した。このヒースロー空港、入国審査が結構厳しくて自分が行ったどの国のそれより厳しかった。どこに泊まるのか、目的は何かとかを結構質問されるのだ。

自分は割とスムーズに通ったが後ろで中国人っぽいのが詰まっていた。

 

到着時間が色々あって定刻より2時間遅れたのも気がかりだった。プログラムが手配してくれた迎えの人を待たせてしまってるかもしれなかった。

出迎えサービスについて、事前に学校でこんなことを言われた。

「最近よく出迎えを偽って金を取る詐欺が横行してるので気をつけてください^ ^ 出迎えの人は学校のプラカード持ってるからすぐ分かります^ ^」 

さて、到着し荷物を受け取るとそこは「けいおん」の聖地だった。ちなみに約21時。

  f:id:tntntutu:20161217212434j:image 

僕は説明通りプラカード持った人を探したが見つからない、20分ほど歩き回ってると1人のオッさんを見つけた。

僕の名前は「Masato」なのだが、そのオッさんが持ってるボードには「Makato」と書かれていた。しかもかなり怪しい風貌の黒人のオッさん。事前説明での「詐欺に気をつけて」の忠告が頭をよぎるが、もうこの人しかいなかった。

僕は意を決して声をかけた。

オッさんはあぁ君がか、みたいな感じでフレンドリーな人だった。道中車の中では謎のインド音楽が流れていたが、結果的にはいいオッさんだった。

人を見かけで判断するのはやめましょう。

 

ヒースロー空港から車で2時間ぐらいしてホームステイ先に到着。

オッさんに別れを告げ家のドアを叩く。

家のドアが開いた。同時に刺激的な臭いが鼻をつく。嗅ぎ覚えのある臭い、インド料理、カレーを彷彿とさせるものだ。

その家はスパイシーであった。

 

つづく。

 

ちなみにこれが僕の部屋でした。

f:id:tntntutu:20161217213418j:image