読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suck suckブログ

Twitterの@tntntutuあるいは@imadegawa_kingです。旅行やイベント感想、撮った写真などを載せます

台湾のレポート

前略

社会には向いていませんでした

 

 

今回は3月に行った台湾旅行の記事。

これが学生生活時代最後の旅行となった。まだ1ヶ月強しか経っていないのにもう10年ぐらい前のことにも思える。

 

行きの飛行機の機内食

台湾の航空会社、チャイナエアラインだったが飯が美味い。機内食史上最高、No.1、間違いない。ちなみにエビチリ。

f:id:tntntutu:20170415010624j:image

君の名は。を見て君も楽曲派になろう

f:id:tntntutu:20170415010831j:image 

 

搭乗から2時間ほどで台湾の桃園空港到着。

日本円から台湾ドルへの両替は台湾でやった方が間違いなくいい。レートが段違いだし、両替できる銀行は空港のいたるとこにある。到着ゲート潜る前にすらある。

f:id:tntntutu:20170415010928j:image

 

空港から市内までは車で1.2時間ほどだったと思う。これは滞在してたホテルの近くで撮った大通りの写真。

f:id:tntntutu:20170415011206j:image

 

こちらはホテル。寝室とリビングが別になってるタイプ。何故か部屋のグレードをタダで上げてくれてたらしい。大満足でした

男3人、密室、3日間。何か起きるはずがなく……。

f:id:tntntutu:20170415011329j:image

f:id:tntntutu:20170415011351j:image

 

初日はこの後夜市に行った。

夜市とは夜にやる市です。

 

今回訪れたのは饒河街夜市。全長1km弱で道にひたすら飲食店がある感じ。

f:id:tntntutu:20170415011725j:image

 

結果的に一番美味かったのは胡椒餅(約120円)。よくわからないパンの中に謎な肉が不思議な味付けで入れられている。

台湾では調味料の八角が乱用されていて、街のどこを歩いていても、もっと言うと空港でも八角の匂いが漂ってくる。

味にはクセがあり万人ウケはしなさそう、僕もそこまで好きだとは言えないがこの胡椒餅は美味かった。焼きたてで提供されるのがよい。

f:id:tntntutu:20170415012138j:image

f:id:tntntutu:20170415012125j:image

 *夜市を征く筆者の図

f:id:tntntutu:20170415012644j:image 

 日が沈むと夜市の雰囲気も変わる。

途端に胡散臭いながらも心踊らされる電飾で街が覆われる。

f:id:tntntutu:20170415012736j:image

治安もいいので夜を練り歩くのも楽しい。

f:id:tntntutu:20170415012916j:image

 この饒河街夜市は松山駅の近くにある。

残念ながら台北最大規模の士林夜市に訪れることはできなかったが、第2位の規模を誇っているらしく十分堪能することができた。

f:id:tntntutu:20170415013020j:image

 

2日目は有名な九份に行く予定だったが夕方からの予定だったため、昼は適当に過ごしていた。昼ごはんをショッピングセンターの台北101地下にある、鼎泰豊にて小籠包を食す。

これは美味かった。生地の中にはスープが入っていて、それが美味い。

f:id:tntntutu:20170415013549j:image

さらには海老チャーハン、豚肉チャーハン

f:id:tntntutu:20170415013719j:image

f:id:tntntutu:20170415013735j:image

どちらも美味しく非常に満足したのを覚えている。最終日までが来るまでは。

 

午後は台北市内から九份に向かった。

バスで1.5時間ほど。日本人まみれである。

九份のいわゆる商店街に入る道に向かう観光客の図、セブイレの横に入口がある。

f:id:tntntutu:20170415013859j:image 

入口から入った図

 f:id:tntntutu:20170415014102j:image

夕方になり暗くなり始めると街中の提灯に明かりが灯る。風情があるので九份は夕方以降に訪れることをお勧めする。同じ構図の写真2枚を見比べてほしい。

f:id:tntntutu:20170415014335j:image

f:id:tntntutu:20170415014506j:image

よくガイドブックで見るやつ

f:id:tntntutu:20170415014601j:image

f:id:tntntutu:20170415014633j:image

写真で後々見返すと綺麗だが、実際行くと観光客、それも日本人まみれで非常に疲れるのでそこは覚悟した方がいい。

f:id:tntntutu:20170415014812j:image

犬になれば働かなくていいのだ

f:id:tntntutu:20170415014844j:image

日本語しか聞こえない街、九份のレポートはこの辺にしときます。

 

この日の夜ごはんは台湾で人気があるらしい火鍋屋で食べ飲み放題を頂いた。

f:id:tntntutu:20170415015351j:image

本物のハゲンダツを食べてアドを稼ごう

f:id:tntntutu:20170415015601j:image

アルコールの飲み放題、肉や具材、アイスの食べ放題が含みで約2600円。それも美味しいのでお得だ。名前は馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋といって、台北のあちこちにある。

 

ホテルでマンゴービールを飲み2日目終了。

このビール、甘ったるいかと思ったがとても飲みやすい。是非飲んでもらいたい。

f:id:tntntutu:20170415020031j:image

 

 

最終日は台北市内を見て回った

が、全部写真を載せコメントを書く余力が今はない。なので、今回の台湾旅行の個人的メインイベントである、晩餐の写真を見て頂きたい。

ちなみにここからは友人が撮った一眼レフの写真が混じるのでいきなり画質がよくなります。

 

店の名前は欣葉。台北にいくつか店を出しているが、本店を訪ねた。台湾料理及び中華料理を楽しむことができるが値段は少々お高い。

飯に関する妥協をしないのが旅行におけるQOL向上のヒントである。

 

そんなわけでメニューから美味そうなものを手当たり次第頼みまくった。

1品目 仏跳牆

美味しいんぼで究極のメニューとして紹介されており、以前から名前は知っていた。

恐らく台湾旅行中の食事で、あまりの美味さに最も衝撃を受けた料理だ。

味を言葉で表現しようがない、というのが正直なところで具材にはフカヒレ、豚肉、ナマコといったものが入っていた。一行は一口目で晩餐の勝利を確信していたのであった。

f:id:tntntutu:20170415020213j:image

 

2品目 カラスミチャーハン

これまで食べたチャーハンが全て過去のものになる。申し訳ないが、2日目に食べたチャーハンでは相手にならない、そんな次元のチャーハン。チャーハンをここまで美味くする方法があったのかと驚かされる。レベルの違うチャーハン。

f:id:tntntutu:20170415021033j:image

 

3品目 モツの煮込み(?)

正式名称不明。モツと言うにはあまりに上品すぎる味、心地よい食感が口の中に広がる。

添えられた菜っ葉系の野菜がまた美味い。ビールが進んでしまう1品。僕はホルモン系が大好きなので特に好物だった。

f:id:tntntutu:20170415021306j:image

 

4品目 豚バラ煮込み

あまりに柔らかく味が染みた神豚、俺好みのもの。値段が一番リーズナブルだったりする、店の看板メニュー。麺やヤサイと一緒に食べたいわねとなる。

f:id:tntntutu:20170415021638j:image

 

5品目 エビチリ

自分はトマトが大の嫌いである。このエビチリにはトマトが使われている。

そんな僕でも自らトマトに手を伸ばし美味い美味いと連呼するレベルでソースが美味い。

単純な料理のはずが味が異次元。

f:id:tntntutu:20170415021909j:image

 

6品目 ホタテの炒め物

異次元料理シリーズ。

ニンニクが効いたソース、ネギと絡めてホタテの貝柱を貪れば口の中が宇宙になる。

貝柱の炒め加減が絶妙だった。

f:id:tntntutu:20170415022240j:image

他に青菜の炒め物という、単純に青菜を炒めただけの料理も注文したが、美味すぎた余り写真を撮る暇もなく完食されることとなった。

 

デザート 杏仁豆腐

最後に口がさっぱりして店を出ることができる。

f:id:tntntutu:20170415022859j:image

 

この欣葉をオススメしたいのが本記事の趣旨である。とにかく、とんでもない高いレベルで様々な台湾料理や中華料理を食べることができる。

↓食べ過ぎによる値段の高騰には気をつけよう

f:id:tntntutu:20170415023329j:image

 

台湾といえばこれまで、夜市を始めとする安い食べ物のイメージが強かったが少し財布の紐を緩めればこんな料理と出会うことができる。

 

もっとも、僕も今回の旅だけでは台湾の楽しみ方の全てを知ったとは思えない。幅広い選択肢の中から各自で楽しみ方を見つけることができるのが台湾という国の魅力なのではないだろうか。

 

 

銀閣寺、大雪のレポート

前回の記事は鞍馬寺の写真を載せたんだけど、あれから1日、どうやら1/17の今日鞍馬寺は参拝ができなくなったらしい。大雪のせいだとか聞いた気がする。残念。

 

今回は銀閣寺とその周辺のスポットの写真を載せとこうと思う。

日時は1/15日、16時から京都市内に出て写真を撮りに行った。いつも通り1人、身も心も冬の寒さに震える。

出町柳駅から徒歩でまずは銀閣寺に向かった、途中で雪が降ってきていい雰囲気となった。

f:id:tntntutu:20170117201734j:image

銀閣寺入口、この日は金閣寺に行った人も結構多かったと聞いた。雪の金閣寺も綺麗だろうし行って見たかったけど入るのに数十分並ぶと聞いて心が折れた。

f:id:tntntutu:20170117202021j:image

拝観料は500円、客はそこそこいたけど並んだりするほどではない。外人が多かった。

f:id:tntntutu:20170117202147j:image

入ってまず見える銀閣の裏側。

ここでは銀閣を囲むような庭園を回っていく方法で参拝をする。

f:id:tntntutu:20170117202332j:image 

この写真後ろに見える山に少し登ることもできる。雪が中々積もっててよかった。

f:id:tntntutu:20170117202526j:image

f:id:tntntutu:20170117202609j:image

庭園の池。

f:id:tntntutu:20170117202706j:image

木々の間から見える銀閣がいいですね。

f:id:tntntutu:20170117202803j:image

さっき言った山から見える銀閣寺全景と付近の市内。全体に雪が積もってて綺麗だった。

f:id:tntntutu:20170117202924j:image

そしてこれが前から見た銀閣

雪の銀閣もいい。金閣ほどの華やかさはないけど静けさがある。

 

これで銀閣寺は終わり、でもまだ時間があったので出てすぐの哲学の道へ。

のはずが

f:id:tntntutu:20170117203201j:image 

すごい雪になってしまった。

f:id:tntntutu:20170117203326j:image

そんな中ではあるけど法然院に行ってみた。

雪でマトモにピントが合いません。

f:id:tntntutu:20170117203455j:image

レベル高そうなダンジョン感がある。

f:id:tntntutu:20170117203608j:image

 入口の門を裏側から見るとこんな感じ。

 

 

f:id:tntntutu:20170117203728j:image

これで哲学の道を離れ、帰りがてら真如堂に。

残念ながら日が暮れてあたりが暗くなってしまった。

f:id:tntntutu:20170117203829j:image

境内。

f:id:tntntutu:20170117203848j:image

秋は紅葉で綺麗な真如堂、冬も存分に楽しむことができた。

 

 

とにかく途中雪がすごく降ってきた。

京都でここまで降るのは珍しいから色んな場所に行きたかったけど体力が追いつかなかった。

今週にまた降るって天気予報が言ってたから期待したい。金閣も見ときたいし、伏見稲荷も行っておきたい。

では今回はここまで、ありがとうございました。

f:id:tntntutu:20170117204211j:image

 

鞍馬寺、大雪のレポート

1/15日ぐらいから京都では珍しく雪が降った。珍しいことだからどこかに行こうと思ってて、貴船神社が思い当たった。

叡山電鉄の最終駅1つ手前にある貴船口駅から2kmぐらい歩いたところにある神社で、階段の写真が有名だと思う。行ってみれば分かるが、実は小さな神社であり人で常に混雑しているスポットである。そんな貴船神社は1/16現在、大雪の影響か停電等の理由で参拝が推奨されていない。

 

ではどうしようか、ということで今回は叡山電鉄最終駅の鞍馬駅にある鞍馬寺へと向かった。

日時は1/16、天気は雪、時間は朝11時。

いつもの出町柳から叡山電鉄に乗車。

f:id:tntntutu:20170116211557j:image

車窓から見える雪景色が気分を高揚させる。

実は鞍馬寺には1度も行ったことがないのだ。

f:id:tntntutu:20170116211656j:image

出町柳駅から約20分、終点鞍馬駅に到着。

山の中なので雪が多い。出町柳でも雪は降っていたがここまで積もってはなかった。

f:id:tntntutu:20170116211819j:image

改札出てすぐ目につく天狗の像、鞍馬は天狗伝説で有名だったりする。

f:id:tntntutu:20170116211927j:image

駅から3分ぐらい歩くとすぐに鞍馬寺が目に入る。

f:id:tntntutu:20170116221928j:image

ここで入山料の300円を支払い山登りが始まる、本殿までは歩いて約35分らしい。

雪で滑らないよう気をつけてねとのこと。 

この風景、どこか見覚えがある。魔法先生ネギま!の近衛木乃香の実家がこんな場所だったような気がする。

f:id:tntntutu:20170116212157j:image

階段は除雪されてる部分もあった。

だが氷に変わった雪でとても滑りやすくなっている。そんな時のために買っておいたオタクガジェットのスノーブーツが役に立った。

 

↓スノーブーツ、裏がスパイク状になっている。

f:id:tntntutu:20170116214533j:image

とはいえ難度が滑りかけたところはあった、スニーカーだと間違いなく転倒しそう。

f:id:tntntutu:20170116214653j:image

f:id:tntntutu:20170116215000j:image

足元は悪いがあまりに雄大な景色を楽しむことができる。白い雪と赤の灯篭のコントラストが綺麗だった。

f:id:tntntutu:20170116214834j:image

池も凍っている。

f:id:tntntutu:20170116214903j:image 

道の途中には小さな祠もあるので寄っていくと面白い。

f:id:tntntutu:20170116215100j:image

魔王之碑と書いてあるけど説明文が埋もれてて何かはわからなかった。

 f:id:tntntutu:20170116215406j:image

ただ道が続いてるのでなく途中こんな感じに神社を通って進んでいくのがいい。

f:id:tntntutu:20170116215512j:image

手を洗ったら寒すぎて凍りついた。

f:id:tntntutu:20170116215610j:image

境内には誰かが作った雪だるまが。

f:id:tntntutu:20170116215700j:image

樹齢が数百年とかだった気がする木。

f:id:tntntutu:20170116215750j:image

あまりに絵になる風景が続く。

あとここまで写真を見てもらったら分かると思うが、人がほとんどいない。

大抵の人は貴船神社に行ってしまうしこちらに来るのは少数らしい。

静かな山道をじっくり味わうことができる。

f:id:tntntutu:20170116215913j:image

山の中盤ぐらいの門、まだ先は遠かった。

ここら辺で雪が降り出してきた。

f:id:tntntutu:20170116220054j:image

ここからは階段が続く。

f:id:tntntutu:20170116220125j:image

階段を登って7分ぐらいで頂上っぽいのが見えたけど違った。

f:id:tntntutu:20170116220215j:image

これが頂上に向かう最後の階段。

夜になればライトアップされるのだろうか?

f:id:tntntutu:20170116220258j:image

ようやく到着した本殿、雪が深すぎる。

f:id:tntntutu:20170116220339j:image

パワースポットも雪で埋まっていた。

f:id:tntntutu:20170116220424j:image

ちょっと休憩していくことにした。

参拝客は他に3人ぐらいいたけど、とにかく人が少ない。静かでよい。

f:id:tntntutu:20170116220523j:image

本殿から貴船神社に抜ける道は通行止め。

残念。またの機会に来たい。

f:id:tntntutu:20170116220617j:image

わかりにくいが頂上からの景色。

雪景色。

また雪が強くなってきたので戻ることにした。

f:id:tntntutu:20170116220900j:image

今日は運行停止していたがケーブルカーもあるらしい、とはいえ頂上まで行くわけではないらしいのでご注意を。

f:id:tntntutu:20170116221019j:image

保育園が山道にあったけどすごいとこにありますね。

f:id:tntntutu:20170116221128j:image

町まで戻ってきた、スキー街っぽい。

f:id:tntntutu:20170116221158j:image

無事鞍馬駅に戻ってきた。

f:id:tntntutu:20170116221219j:image

そして叡山電鉄に乗って帰りました。

 

鞍馬寺は初めて訪れたけど、雪もあってとても綺麗な場所だった。貴船神社と違って観光客も多くないし、見る場所も多いのでかなりオススメのスポット。

この調子だとしばらく雪も積もってそうなので、是非行ってみてください。その場合は滑りにくい靴でどうぞ。

 

 

おまけ

f:id:tntntutu:20170116221519j:image

叡山電鉄きんいろモザイクコラボポスター、カレン。

f:id:tntntutu:20170116221550j:image

叡山電鉄きんいろモザイクコラボポスター、忍。

f:id:tntntutu:20170116221658j:image

ステまとうらら迷路帖もあった。

 

いいねぇ。

 

 

ロンドンのレポート その3

新年明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

今回の記事はロンドンについての第三弾。

個人的にロンドン滞在中一番嬉しかったシステムがある、それは街中の美術館や博物館の入場料が大体タダなところだ。

美術について僕は全く無縁だったが、大学の講義で取ってた芸術学が予想以上に楽しくて結構勉強した時期があった。ロンドンの美術館には有名な絵画作品が多々存在する。ミーハーな僕は講義で紹介された作品を実際目にするだけでとても楽しく感じた。

最初に紹介するのはナショナルギャラリー、ロンドンで一番規模の大きい美術館だ。

f:id:tntntutu:20170105230521j:image

外観からまず綺麗。

クロード・モネの「サン・ラザール駅」

f:id:tntntutu:20170105231512j:image

とにかく著名な作品が並ぶ。館内はとても広く一日かけてじっくり回った。

ナショナルギャラリーは街の中心部にあり、滞在中何度か通った。無料なのがありがたい。

 

他にも美術館の、テートブリテンではかの有名なオフィーリアを目にすることができた。

f:id:tntntutu:20170105232054j:image

ロンドン市内には多くの美術館があって見所も多い、結局僕も全箇所は回りきれなかったと思う。次回の課題だ。

ちなみに僕が一番オススメする美術館はテート・モダンという、現代アートの集まる美術館だ。是非行ってみて頂きたい。

 

次はこれまた定番、セント・ポール大聖堂

展望台からロンドン市内を一望できる大聖堂だ。入場料が高い。

f:id:tntntutu:20170105232902j:image

展望台に上るには中にある階段を登るのだがかなり長かった。足が疲れた。

でも展望台からの景色は素晴らしい。

f:id:tntntutu:20170105233022j:image

観覧車のミレニアム・アイが見える。

ちなみに地下はレストランになっていた。

f:id:tntntutu:20170105233111j:image

魚のパイ、それなりに美味しかった。

雰囲気がいい。洒落た気分になれる。

f:id:tntntutu:20170105233147j:image

 

 

こんな風に観光地を巡るのにとにかくバスが便利だった。テレビでよく見る赤い二階建てのバスだ。僕は定期を買ってたので街中のバスは乗り放題だった。

景色もいいし地下鉄よりバスを使うのがオススメ。二階の最前席は気持ちいい。

f:id:tntntutu:20170105233533j:image

 ちょっと高いところから写真も撮れる。

f:id:tntntutu:20170105233608j:image

 

 

とにかくロンドンには美術館や博物館が無数に存在するしほぼ全てが無料である。

あまり興味がなくても是非見て回ってほしい。

これだけでもロンドンに行く価値があると言っても過言ではない。

 

今回はここまで

 

つづく

 

ロンドンのレポート その2

ホームステイ先の玄関をくぐるとそこはインドであった。大学で事前に、どんな家に宿泊することになるかは分からないとの説明は受けていたがスパイスの匂い漂う家には流石に面食らった。だが後ほどここがいかに恵まれた環境だったかを知ることになる。

ちなみに場所はロンドン郊外、滞在中通う学校は電車とバスを使い約1時間かかる。 

家の周りの雰囲気はこんな感じ。

f:id:tntntutu:20161221193311j:image

そういえばホストファミリーはインド系の人だった。とはいっても純粋なインド人ではなかった、イギリスは国の特性上インド系の人が多い。かつての植民地制度とかが関係している。

中年ちょい上のおじさんとおばさんの2人暮らしで超優しい人達だった、ありがとうございました。

 

 通う学校はロンドン市内ど真ん中にある。

シブい街並みがいい。

f:id:tntntutu:20161221194023j:image

僕のメインの目的は勉強は1カ月でどうにかなるわけではないので観光だった。滞在期間中は毎日市内に足を延ばすことを決めていた。大学の補助金なので好き勝手使ってアドを稼ぐのだ。

初日はテムズ川を写真のような船で巡るやつに乗った。

f:id:tntntutu:20161221194318j:image

ロンドンの現代の観光スポット、ミレニアムアイ(観覧車)とか

f:id:tntntutu:20161221194858j:image

ネギまの聖地でおなじみタワーブリッジといった定番スポットを巡る。

f:id:tntntutu:20161221194953j:image

下から写真撮ったら逆光になった。

f:id:tntntutu:20161221195033j:image

行ったのが冬だったので風が冷たかったしかなり寒かったけど中々よかった。

 

今回の記事ではもう1つスポットをレポートしておく。

これもまた定番スポットではあるがキングズクロス駅だ。僕は滞在中、電車とバスの定期券を支給されていたので大抵の場所へは行き放題なのがありがたかった。

f:id:tntntutu:20161221195512j:image

この駅のこの構図は現実で見れてやっぱりよかった。別角度も。

f:id:tntntutu:20161221195640j:image

この駅はハリーポッターの撮影で使われた、生徒がホグワーツ校に向かう汽車に乗り込むための駅だ。駅構内にはこんな写真スポットもある

f:id:tntntutu:20161221195907j:image

これの横にはハリーポッターショップもあった。僕もバッジとか買った。

 

最初に書いたが僕が泊まっていたのはインド人夫妻の家だ。家内にはスパイスの香りが充満し最初はどうなることかと思ったが、その杞憂はとある出来事をきっかけに覆される。

そう、飯である。

ある日の夕食の写真だ。 

右からチキンのカレー煮込み、ガーキン(きゅうりの一種らしい)のカレー煮込み、ポテトのカレー煮込み。カレーのオンパレード。

f:id:tntntutu:20161221200218j:image

インド料理が大好物である僕にはまさに夢の場所だった。毎日がインド料理屋のディナーを食べているようなものだった。当然味つけも家庭料理とは思えない素晴らしいものだ。

ちなみに一見ヤバそうなガーキンきゅうりのカレー煮込み、これがとても美味い。美味い美味い言って食べてたら2日に1回ぐらい出してくれるようになった、とにかく美味かった。

 

つづく

 

ロンドンのレポート その1

記憶がある内に過去の旅行も文にして残しておきたいと思い、今回は去年行ったイギリスのロンドン遠征のレポート。

 

そもそも何故ロンドンか。

大学のプログラムで春休み1ヶ月ロンドンに行けるのがあったから応募して何故か受かったから行くことになった。書類選考と面接があって他にも数人選ばれたけど、コミュ障故にその人達と話すことはなかった。

行き先は他に複数国あったけど自分が1番行ってみたかったロンドンに決めた。

学校からの補助もあったがシコシコ貯めてたバイト代は全部これで消えた。

で、結構写真を撮ったんだけどあまりに多すぎるから複数回の記事に分けようと思う。

 

2015年3月1日。

関西国際空港から出発。料金だけを優先した結果、KLMオランダ航空の飛行機に乗ることになった。途中アムステルダムスキポール空港で1度の乗り換えがある。

f:id:tntntutu:20161217210122j:image

機内の記憶はだいぶあやふやでどんな映画がやってたのか何をしてたのかは忘れた。もっと早く記事にすべきだった。

これが機内食機内食の割に美味かった気がする。ハイネケン飲み放題がアドだった。

肉っぽいもの。

f:id:tntntutu:20161217210617j:image

機内食2回目、席は夜行バス並みだったが飯だけは美味かった。

グラタンっぽいもの。

f:id:tntntutu:20161217211025j:image

 

9か10時間ぐらいかかってオランダのアムステルダムシチポール空港に到着。

冷えたトイレの便座がここが海外であることを知らせる。

さてこの空港はマズかった。というのは、自分が乗ってた飛行機の到着が結構遅れてて、ただでさえ乗り換え時間が1.5時間しかないのにさらに短くなった。焦った結果空港のどこかにウォークマンを落としてしまったのだ。

彼と2度と会うことはなかった。

モチベーションを大きく削がれロンドン着く前にして最悪のテンションだった。今もどこかで元気に「はっぴいにゅうにゃあ」を流していることを祈る。

 

乗り換えた飛行機での機内食。イギリスの食生活に向け不穏な幕開けだ。

f:id:tntntutu:20161217211801j:image

 

2時間ぐらい乗ってロンドン、ヒースロー空港に到着した。このヒースロー空港、入国審査が結構厳しくて自分が行ったどの国のそれより厳しかった。どこに泊まるのか、目的は何かとかを結構質問されるのだ。

自分は割とスムーズに通ったが後ろで中国人っぽいのが詰まっていた。

 

到着時間が色々あって定刻より2時間遅れたのも気がかりだった。プログラムが手配してくれた迎えの人を待たせてしまってるかもしれなかった。

出迎えサービスについて、事前に学校でこんなことを言われた。

「最近よく出迎えを偽って金を取る詐欺が横行してるので気をつけてください^ ^ 出迎えの人は学校のプラカード持ってるからすぐ分かります^ ^」 

さて、到着し荷物を受け取るとそこは「けいおん」の聖地だった。ちなみに約21時。

  f:id:tntntutu:20161217212434j:image 

僕は説明通りプラカード持った人を探したが見つからない、20分ほど歩き回ってると1人のオッさんを見つけた。

僕の名前は「Masato」なのだが、そのオッさんが持ってるボードには「Makato」と書かれていた。しかもかなり怪しい風貌の黒人のオッさん。事前説明での「詐欺に気をつけて」の忠告が頭をよぎるが、もうこの人しかいなかった。

僕は意を決して声をかけた。

オッさんはあぁ君がか、みたいな感じでフレンドリーな人だった。道中車の中では謎のインド音楽が流れていたが、結果的にはいいオッさんだった。

人を見かけで判断するのはやめましょう。

 

ヒースロー空港から車で2時間ぐらいしてホームステイ先に到着。

オッさんに別れを告げ家のドアを叩く。

家のドアが開いた。同時に刺激的な臭いが鼻をつく。嗅ぎ覚えのある臭い、インド料理、カレーを彷彿とさせるものだ。

その家はスパイシーであった。

 

つづく。

 

ちなみにこれが僕の部屋でした。

f:id:tntntutu:20161217213418j:image

 

 

蹴上〜四条あたりの紅葉のレポート

前回の記事に引き続いて紅葉のレポート。

今回は蹴上付近と四条の八坂神社の紅葉の写真を紹介していきたい。

 

日時 11/22 晴れ 

 

蹴上は地下鉄東西線烏丸御池駅から4駅。観光地で有名な平安神宮のある東山の方面にあたる。個人的に蹴上は好きで、春は桜を秋は紅葉を見ることができまさに四季を味わえる場所だ。

蹴上駅を出て2分ほど歩くとこのような線路が轢かれた小道を見ることになる。

蹴上インクラインと呼ばれ、かつては近くの琵琶湖疏水から荷物か何かを貨車で運んでいたらしい。当然現在は廃線になっており自由に立ち入ることができる。

f:id:tntntutu:20161215195458j:image

 この日はちょうど見頃だった。

もみじだけでなくイチョウの木も綺麗な黄色の葉をつけていた。

線路と落ち葉のコントラストがよかった。

f:id:tntntutu:20161215195835j:image

人があんまりいなかったから角度変えたりして遊ぶなどした。

f:id:tntntutu:20161215200110j:image

近くにはちょっとした噴水もある。

f:id:tntntutu:20161215200234j:image

 

ここで蹴上インクラインは後にして南禅寺に向かった。紅葉で超有名な観光地なだけに人混みを覚悟したが予想以上の観光客の多さに全く落ち着いて見て回ることができなかった。

f:id:tntntutu:20161215200619j:image

ただ紅葉の綺麗さは流石のもの。

境内の水路閣なんかも好きな風景の1つ。

f:id:tntntutu:20161215200649j:image

この写真から人の多さは伝わるだろう。

手早く境内を見て回り南禅寺を後にした。

f:id:tntntutu:20161215200740j:image

 

これで終わるのも物足りないから少し歩いて真如堂に向かった。真如堂には殺生石が祀られている。殺生石とはあの玉藻前が変身した姿だかなんだかなのでFate聖地巡礼がてら行ってみてはいかがだろうか。紅葉はこちらは完全ではなかったように思う。

f:id:tntntutu:20161215201304j:image

これが殺生石が祀られている祠。

f:id:tntntutu:20161215201337j:image

境内の池とか。

f:id:tntntutu:20161215201408j:image

真如堂も紅葉の名スポットの1つ、蹴上からだと少し遠いが時間のある人は是非。

 

この後熊野若王子神社も少し見て…

f:id:tntntutu:20161215201525j:image

 

お花見で有名な円町公園の池を見て帰った。

f:id:tntntutu:20161215201701j:image

 

やっぱり京都は秋の時期が1番綺麗だ。この季節は歩いてるだけであちこちで紅葉を見ることができる。

今年の紅葉は散ってしまっただろうけど、来年機会があれば是非行ってみてほしいと思う。

 

行程

蹴上駅→蹴上インクライン南禅寺真如堂→熊野若王子神社→八坂神社円町公園

総行程3時間ぐらい